成功できない人の特徴とは?

反面教師に学ぼう!

人生において成功したいと思う人が、成功者の思考・行動・習慣を学ぶことはとても大切です。

しかし、時には「成功できない人とはどういう人か」という視点から考えてみることも必要です。それによって、今の自分が注意すべきことや、改善点がはっきりとわかってくるからです。

今を去ること80年前、世界の成功者2,500名超の協力を得て「成功哲学」を体系化したナポレオンヒルによれば、成功できない人には次のような特徴があります。

明確な目標がない
自分に限界を設けている(固定観念にとらわれている)
自分の思考や感情をコントロールできない
悪習を断つことができない
自分を取り巻く環境(とくに人間関係)に無頓着である
アイデアが浮かぶのに行動しない
壁にぶつかるとそこであきらめてしまう
人に言われた仕事しかしない(時にはそれすらしない)
他者に与えることをしない
優柔不断である
時間の大切さを理解していない(無益なことに時間を費やす、よく遅刻するなど)

いかがでしょう?もし、この中に「自分はそうだ」と思い当たることがあれば、それがまさにあなたの足を引っ張っている要素なのです。

ゆるぎない自分の意思が道しるべ

では、成功できない人たちのグループから抜け出すにはどうしたらいいのでしょうか?
答えは実にシンプル。成功できない人とは逆の道を選べばいい、ということになります。

自分が心から実現したい目標をつねに意識し、その状態に近づけるような行動をとる
「自分はここまでしかできない」「いいことは長く続かない」などの誤った思い込みから解放され、人間の思考の力(思考を使って潜在意識を動かして無限の知性とつながり、どんなことでも実現する力)を信じること
不安、恐怖、自己憐憫、怒り、ねたみ、憎しみなどの負の思考や感情に支配されず、自分の内面をクリアにする方法を学び、実践する
悪い習慣を良い習慣に切り替え、くりかえし根気よく定着させていく
自分に悪影響を与える人間関係を断つ
自分の直感を大切にしてすぐ行動する
挫折の中にある成功の種に気づき、以後の考え方や行動に生かしていく
つねに報酬以上の仕事をする
人に何かを期待する前に、まず自分から与える
速やかに、はっきりと決断する習慣をつける
人生に与えられた時間は有限であることを肝に銘じ、自分の時間と他人の時間を大切にする

sky
これらのことを難しいと感じますか?

でも、あなたにも必ずできるのです。なぜなら、人間には「自分の意思で自分をコントロールできる」という素晴らしい力があるからです。

成功に向かって進むためのより具体的な方法を知るには、まずは成功に関する本を読むことが近道といえます。

ただ、そうしたジャンルの本なら何でもいいわけではありません。

世の中には、口当たりは良いけれど、成功ノウハウの一部だけをつまみぐいしただけの内容の薄い本が数多く出回っています。そうした本を何冊読んでも、得られるのは一時的なやる気や安心だけで、自分の中に根本的な変化を起こすのは難しいでしょう。

本サイトでは、成功に役立つ良書を厳選してご紹介するコーナー?を設けています。参考にしていただければと思います。



前のページに戻る